北村麗容疑者の顔画像やFacebook、歌舞伎町バーの情報は?

事件

経営するバーで18歳未満の少女に男性客を接待させたとして、実質経営者で埼玉県所沢市北秋津の北村麗容疑者ら3人の男が逮捕されました。

男性従業員が出会い系アプリを使い、従業員の少女を装ってアプリで知り合った男性を店に誘い出し、少女に接待させていたようです

こういった手法は「サクラバー」と呼ばれていて、北村容疑者らはこの手法で男性を誘い出し、ルコール度数の高い酒を飲ませて酔わせ、代金を水増し請求していたようです。

今回は、北村容疑者の顔画像やFacebook、経営していたバーの情報などを調べてみました。

 

石沢大容疑者(スカウト会社「AVANTI」社長)のマスク無し顔画像やFacebookは?

事件概要

スポンサーリンク



経営するバーで18歳未満の少女に男性客を接待させたとして、警視庁少年育成課は10日、実質経営者で埼玉県所沢市北秋津、会社員、北村麗容疑者(22)ら男性3人を児童福祉法違反(有害支配)の疑いで逮捕したと発表した。

従業員の少女を装った男性従業員が、携帯電話の出会い系アプリを使って知り合った男性客を誘い出し、少女に接待させていたとみられる。

同課によると、こうした経営手法は「サクラバー」と呼ばれる。ここ数年で「アプリで出会った女性と行った店で、高額な支払いを求められた」などの相談が30件以上寄せられており、注意を呼び掛けている。

逮捕容疑は2019年4月と同年12月、新宿区歌舞伎町1のバー「Ark」など2店舗で、当時17歳と16歳の女子高校生だった従業員の少女2人に対し、男性客2人に酒を提供するなどの接待をするよう指示したとしている。

男性客は、別の男性従業員が出会い系アプリで少女になりすまして誘い出していた。3人は「よく覚えていない」などと否認しているという。

同課によると、客にアルコール度数の高い酒を飲ませて酔わせ、代金を水増し請求するなどしていたという。北村容疑者らが同様の経営手法で東京、神奈川、愛知の3都県の12店舗を経営し、2019年11月以降に約9億円を稼いだとみて調べている。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

北村容疑者らは、3都県で12店舗を経営していたようで、1年程で約9億円を稼いでいたそうです。

連れてきた客に代金を水増し請求し儲ける、所謂ぼったくりバーのありがちな手口としては、「キャッチ」と呼ばれる呼び込みの店員に声をかけられるケースでしたが、こういった手口は条例などで禁止されることが多くなっていて、今回のように出会い系のマッチングアプリを利用する新たな勧誘方法が登場したようですね。

確かに、「キャッチ」の人間に報酬を払わずに自分たちでアプリから男性客を勧誘するほうが安く済むし、マッチングアプリなので男性の警戒心も薄れるので、この手法は有効ですね。

しかし、コロナ渦で約9億円を稼ぐってすごいですね。

大体1店舗あたりで、1年で約7500万円、1ヶ月にすると約625万円になるので、かなり稼いでいたようですね。

北村容疑者が経営する、歌舞伎町のバーの情報は?

北村容疑者らが経営していたとされる、歌舞伎町のバーの名前は「Ark」という名前だそうです。

新宿歌舞伎町1丁目に一致するバーが有るかどうか調べてみましたが、残念ながら現在の所見つかっておりません。

引き続き調べていき、特定次第更新していきたいと思います。

北村麗容疑者の顔画像やFacebook

スポンサーリンク



引用:https://www.youtube.com/

・名前:北村 麗(きたむら れい)

・年齢:22歳

・住所:埼玉県所沢市北秋津

・職業:会社員

北村容疑者の顔画像やFacebookなどのSNSアカウントを調べてみました。

まず、顔画像は移送時の時の画像しか現在の所見つかっておらず、現在他のマスク無しの顔画像を含めて調査中です。

次に、Facebookを調べてみましたが同姓同名のアカウントが多く、本人のアカウントを特定する事はできませんでした。

もし、気になる方はご自身で確認してみてください。https://www.facebook.com/

ネットの反応

昨年、娘が同級生からここのバイトに誘われて手口を聞いてびっくりした、もう友だち無理かも…と話していたので 私も「その子とは関わらないで!」と言ってしまいました。
こういうものを撲滅させるにはその時すぐに通報するべきだったかもしれないと心苦しく思います。高校生も加害者ですね…

 

別の男性従業員が出会い系アプリで少女になりすまして誘い出していた。
そりゃあ男なんだから誘い文句なんて男心くすぐるの簡単でしょうね。
出会い系なんてかなり前からサクラなんて当たり前って言われていたし
男性も女性も会って怖い思いした事件お金巻き上げられたり
最悪は殺されたりもあるのに何で自分で危険な所に飛び込むのかな、、、、、

 

全額没収と多額の反則金を徴収してほしい。

 

「よく覚えていない」という経営者も、そういう店で手っ取り早く稼ごうとする女の子も、鼻の下伸ばしてノコノコ出かける客も、みんなダメ。

 

全員アウト。

 

お客はわかりませんが、雇用主も従業員も確信犯でしょ。
雇用側は需要を考えたら若い娘欲しいだろうし、18禁と知りながら応募する方も同罪。
仕事内容の説明と実務の相違があれば辞める事はいつでも出来るしね。
正直、両方に処罰の制度が無いと減少には繋がらないと思います。
また、SNSやアプリなどで個人でやってる女性も。。売春と変わらない。
あと、お客側に罰則はないが実名公表義務づければ、それはそれで減るかもですね。

まとめ

スポンサーリンク



最近は、ぼったくりバーのキャッチが条例で禁止されたり、キャッチを警戒する人間が増えた事によって、マッチングアプリでの勧誘が増えているみたいですね。

マッチングアプリだと、男性側の警戒心が薄れ、またキャッチの人間の人件費も削れるので確かに有効ですね。

勿論、騙す側が一番悪いですが、男性側も特定の店に勧誘された時点で怪しいと気づくべきだと思いますね。

マッチングアプリやSNSで特定の店への勧誘や、いきなりlineのQRコードを送ってくる人間は男女問わず「サクラ」の可能性が高いので、マッチングアプリを利用する際はそういった人間に騙されないように気を付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました