【訃報】本田誠人さんの死因はすい臓がん?経歴や顔画像、家族の情報まとめ

芸能

悲しいニュースが飛び込んできました。

演出家・俳優本田誠人さんが1月30日に亡くなったと、所属事務所・クリオネが4日に公式サイトで発表しました。

2017年4月にステージ4のすい臓がんの告知を受け、4年近く闘病生活を送っていたそうです。

今回は、本田誠人さんの経歴や顔画像、家族の情報などを調べてみました。

 

渋野日向子にお菓子を渡した日テレカメラマンが炎上...謝罪も炎上は止まらず...

【訃報】死因はすい臓がん

スポンサーリンク



すい臓がん闘病中だった演出家で俳優の本田誠人さんが亡くなったことがわかった。

所属事務所クリオネが4日、公式サイトで伝えた。47歳だった。

同事務所は「かねてより闘病中でありました弊社所属アーティスト本田誠人が、令和3年1月30日、享年47歳で永眠されましたこと、ご冥福をお祈りいたしますとともに、謹んでお知らせいたします。

尚、葬儀は故人の遺志を尊重いたしまして近親者のみにて執り行われました」と報告。「今まで本田誠人を応援してくださった皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝申し上げます」とした。

本田さんは先月25日、自身のブログや事務所のツイッターなどで、4年前からすい臓がんの治療をつづけてきたが今年1月19日に余命宣告を受けたことを公表。

同28日のブログでは「2017年4月7日 私、本田誠人、突然ではありますが【すい臓がん】の告知を受けました この時点で伝えられたのはステージ4」としていた。

本田さんは、役者の他に舞台演出なども手がけたほか、05年フジテレビ系「電車男」や07年TBS系「きらきら研修医」、テレビ朝日系「相棒」にも出演歴がある。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

葬儀は既に執り行われていて、本田さんの遺志を尊重して近親者のみで執り行われたようです。

本田さんは、1月25日から始めたブログや事務所のTwitterに、今年の1月19日に余命宣告を受けたた事を公表し、1月28日にはブログに4年前にすい臓がんの告知を受けていて、その時点でステージ4だった事も公表していました。

28日のブログには、30日に本田さんの誕生日を劇団員がお祝いする生配信の告知をしていて、元気な姿を見せたいとブログに綴っていました。

30日に体調が急変してしまったんでしょうか...。

すい臓がんは、最も発見・治療が難しいガンだと言われており、発見時には既に手術が出来ない程進行しているケースが大半のようですね。

ただ、早期発見できれば助かる可能性が高くなるため、定期的な検査が早期発見に不可欠だそうです。

 

すい臓がんの早期発見方法

本田誠人さんのプロフィール

スポンサーリンク



引用:https://news.yahoo.co.jp/

名前:本田誠人(ほんだ まこと)

生年月日:1974年1月30日

出身地:宮崎県延岡市

血液型:B型

職業:俳優 演出家 脚本家

所属:劇団ぺテカン

本田さんは、もともとお笑い芸人を目指していたようで高校在学中に同級生とコンビを組んで「ダウンタウンの全九州お笑い選手権」でグランプリを獲得していたようです。

その後、舞台芸術学院に入学し、卒業後には舞台役者へと転向し、1995年に劇団「ペテカン」を旗揚げし、全作品の脚本・演出を手がけていたようです。

ドラマや映画にも出演していて、「きらきら研修医」「電車男 」「劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」などに出演していたようです。

家族情報

本田誠人さんは、2008年に松浦泉さんとご結婚されていて、お二人の間には3人のお子さんがいらっしゃるようです。

松浦泉さんは、宮崎のケーブルテレビでパーソナリティーやレポーターのお仕事をしながら女優もされていたようで、2007年のみやざき演劇祭『茜色の窓から』の舞台で共演し、その後お付き合いを始め、2008年7月7日に入籍されたようです。

3人のお子さんの内、第3子の晴くんは2020年1月25日生まれで、1月25日に新しいブログを開設しすい臓がんの事や余命宣告の事を公表したのは、晴くんの1歳の誕生日という大事な記念日だからだそうです。

ネットの反応

ステージ4で4年近くも癌と闘ってたのですね。
まだまだこれからの年齢の方
ご冥福をお祈りいたします。

 

すい臓がんのステージ4と告知されてから4年近くも頑張って来られたんですね。ほんとうにおつかれさまでしたとしか言いようがないです。でもすい臓がんのステージ4からでもこれだけ頑張れるという意味で、同病の方には希望になると思います。

 

今までどれだけ幸せに生きてきた人でも、がんになり余命を宣告されれば奈落の底に突き落とされた様な悲しみに包まれるだろうね。

果たして自分がそうなったときに耐えられるかな・・。

 

私の父は毎月検査してたけど癌が見つかったのはすごく遅れてしまった。
分かってから2週間もたたずに死んでしまったけど、「癌です」と言われたときはいろんな感情がでてきて、理解できなかった。毎日悲しくて何か方法はないか寝ずに検索する日もありました。
4年間も闘い続けていたなんて本人はもちろんですが家族も相当きつかったと思います。
癌が早期発見、完治できるような病気になってほしいです。

 

ガンはどこも怖いけど…膵臓だけは発見が遅れるし、発見された時は…。
同僚も、約2年闘病してお子さん3人残して
いってしまいました。どんなに辛かったかと思うと、やりきれない思いです。
親戚の叔父も膵臓ガンでした。
膵臓ガン…背中が痛くなるみたいですね。

 

飲酒も喫煙も一切しなかった母親に黄疸が出て、その時にステージ3のすい臓がんでした。
余命は体力と抗がん剤の相性があるから断言は出来ない、、との事でしたが、半年後に亡くなりました。
がん保険のCMやがん治療のポジティブな情報にかなり気を使いました。

本当に、、ご冥福をお祈りします。

まとめ

スポンサーリンク



本田誠人さんのご冥福をお祈りいたします。

タイトルとURLをコピーしました