白石侑生容疑者(南国警察署地域課巡査)の顔画像とSNS特定は?男子高校生にみだらな行為で逮捕

事件

男子高校生が、18歳未満だと分かりながらみだらな行為をしたとして、高知県南国署の21歳の男性警察官を逮捕されました。

男性警察官は11月14日に、自身が居住する警察官舎の一室に、県内の10代の男子高校生を連れ込み、18歳未満だと分かりながらみだらな行為をしたそうです。

取り調べでに対し、男子高校生とはSNSで知り合ったと話しているようです。

今回は、男性警察官の顔画像やSNSアカウント、経歴などを調べてみました。

事件概要

スポンサーリンク



18歳に満たないことを知りながら、少年にみだらな行為をしたとして、警察は、きょう南国署に所属する男性警察官を、県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕した。

逮捕されたのは南国警察署の地域課巡査・白石侑生容疑者(21歳)。 警察によると白石容疑者は、11月14日、自身が居住する警察官舎の一室で、県内に住む10代の男子高校生に対し18歳未満と知りながら、みだらな行為をした疑いがもたれている。

白石容疑者が1人で暮らす警察官舎の部屋に青少年らしき人が出入りしているなどといった噂があり、12月11日、上司が白石容疑者に聞き取りを行ったところ明らかになった。

白石容疑者は、男子高校生とSNSで知り合ったなどと話す一方で逮捕事実については黙秘している。

県警察本部の岸田浩首席監察官は「現職警察官がこのような事案で  逮捕されたことは誠に遺憾。より一層職員への職務倫理教養等に努める」とコメント。 捜査結果を踏まえ、厳正に対処するとしています。

引用:https://news.yahoo.co.jp

 

白石容疑者の部屋に、青少年らしき人が出入りしているという噂があり、上司が聞き取りをしたところ発覚したようですね。

しかし、警察官舎に関係者以外の未成年の男子高校生が出入りできるというのは、警備がかなり甘いのかなと思ってしまいますね。

今回は男子高校生が出入りしていたようですが、もし警察官の部屋に、反社の人間が出入りしていたとして、出入りの段階で取り締まれていたのか疑問が残るので、警察官舎の警備体制の見直しが必要なのではと思ってしまいます。

白石侑生容疑者の経歴と顔画像、SNS

スポンサーリンク



名前:白石侑生(しらいし ̬̬̬ゆうせい)

年齢:21歳

職業:南国警察署地域課巡査

白石容疑者の経歴や顔画像、SNSのアカウントはどのようなものでしょうか。

まず、SNSのアカウントを調べてみると、白石容疑者と同姓同名で高知県在住、年齢もほぼ同じ男性のFacebookのアカウントが見つかりました。

白石容疑者と同一人物である可能性が高いこの男性は、高校時代にライフル射撃の全国大会に出場していて、高校卒業後も高知県の選手として国体に出場していたようです。

白石容疑者と同姓同名で、高校卒業後も高知県に在住していることを考えると同一人物である可能性が高いと思われます。

しかし、同一人物である可能性が高いだけで、確定情報ではないので注意が必要です。

顔画像も調べてみましたが、現在の所見つかっておりません。

特定次第更新していきたいと思います。

ネットの反応

少年らしき人物が官舎に出入りしている、、
ってことは高校生がみずから足を運んでいたということにもなる。

もう、そういう関係なんだよ。
そっとしておいてあげてよ。
まぁ関係者以外が入れるってのも警備が甘いんじゃないの?

 

部外者が出入りできる警察官舎ってのも問題だと思う。

 

21歳と17,8歳なら歳も近いし、
そこまで犯罪って感覚はなかったんだろうなあ。
高卒で就職なら尚更ね。
官舎に出入りなんて凄いよね。

 

南国署、いろいろありますね。

 

21歳と18歳じゃ、普通の恋愛と考えていいと思うけど。

 

たぶん、男子高校生の方に気を使って言わないんでしょうね。他の方も書いてましたが、付き合ってるんだと思います。会ってた場所が良くない。

 

まとめ

スポンサーリンク



逮捕された警察官が、同性愛者で男子高校生と恋愛関係にあったという事なんですかね?

恋愛関係だとして、警察官舎に出入りさせることは良くないし、関係者以外が出入りできる警備体制にも問題有りなのかなと思います。

警察官者の警備体制の見直しと、警察官としてのモラルの教育の見直しが必要なのかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました